スーパーで買うなら?美味しいアボカドの選び方のコツと新常識!

スーパーで買うなら?美味しいアボカドの選び方のコツと新常識! アボカド

アボカドを買う際、選び方に悩んだことはありませんか?

切ってみたら中が黒くなっていたこと、ありますよね。

「アボカドは黒いものが食べ頃」と信じていましたが、新たな事実に驚きました。

スーパーでアボカドを選ぶなら、以下の方法も参考にしてみてください!

アボカドは「緑色」を選ぶべし!?

緑色のアボカド

皆さんはアボカドを選ぶとき、「黒色」と「緑色」のどちらを選んでいますか?

私は常に「黒色」を選んでいました。

理由は「黒色のアボカドが食べ頃」だと思っていたからです。

しかし、新たな情報に驚かされました。

「実は、アボカドは緑色のものを選んだ方がいいんですよ」

えっ、そうなの!?緑色のアボカドって固くて食べられないんじゃないの?

私の疑問に〇〇さんはこう答えました。

「まず、食べ頃のものを買おうとしないことが大切です」

どういうこと?

熟成のタイミングが短い

「ハス」品種のアボカドは熟すと皮が黒くなりますが、食べ頃はたったの2日程度だそうです。

この短い期間に完熟アボカドを見つけるのは難しいのです。

さらに、アボカドはとてもデリケートで、触ると傷みやすい果物です。

「アボカドの柔らかさを基準に選ぶと、店頭で触られて柔らかくなったものを選んでしまう可能性があります」

確かに私も黒くて柔らかそうなアボカドを選んで、切ったら中が黒くなっていてがっかりすることがありました。

選び方に問題があったのですね。

「アボカドを買うときは、緑色のものを選んで、家で追熟させるのがベストです」

ヘタのチェックも重要

アボカド選びには、ヘタの状態も重要です。

アボカドを切ったときに黒い筋があることがありますが、これは酸化した維管束です。

ヘタが取れているものに多く見られます。

ヘタがしっかりついているものを選ぶと、維管束の酸化を防ぎやすいです。

また、ヘタのぐらつき具合も食べ頃を見極めるサインになります。

アボカドの食べ頃の見分け方

半分にカットしたアボカド

スーパーでアボカドを買うとき、固さや色でどう選べば良いかわからないことがありますよね。

アボカドの「食べ頃」の見分け方を紹介します。

色と固さ

アボカドは追熟により固さや味が変わります。

食べ頃のアボカドは「固すぎず、やや弾力がある」状態がベストです。

柔らかすぎるものは熟しすぎている可能性があります。

指で押すとへこみが残ることがあるので、手のひらでそっと押して確認しましょう。

ヘタの状態

ヘタがついているものを選び、カビが生えていないかチェックしましょう。

アボカドは熟す過程で水分が失われ、ヘタが沈んで隙間ができることがあります。

これが完熟のサインです。

美味しいアボカドは、ハリがあってしぼみのないぷっくりした形をしています。

涙型でピンとハリのあるものを選びましょう。

自宅でアボカドを食べごろにする方法

完熟のアボカド

アボカドの追熟を自宅でやるなら、以下の方法を試してみましょう。

アボカドの室温保存

アボカドは、約20度の室温で保存するのが最適です。

冷蔵庫などの低温(5度以下)では、食べごろになる前に黒く変色する「低温障害」が発生することがあります。

一方、27度以上の高温では「追熟障害」が起こりやすくなり、アボカドが傷みやすくなるので注意が必要です。

保存する際には、20度前後の室温で日光の当たらない場所に、新聞紙などに包んで乾燥を防ぎながら保存しましょう。

完熟の一歩手前の濃い緑色のアボカドを選び、室温で黒みがかった濃い緑になるまで追熟させると、食べごろを見逃しません。

完熟アボカドの保存方法

買ってきたアボカドが思ったより早く完熟してしまった場合も、焦る必要はありません。

食べごろになったアボカドは、そのまま冷蔵庫のチルド室に入れて保存できます。

数日は完熟状態をキープできますが、なるべく早く食べるのがベストです。

真夏などは、1日ほど室温で追熟させた後、冷蔵庫で保存すると傷みにくくなります。

この際も乾燥を防ぐために、新聞紙やラップ、またはポリ袋に入れて保存しましょう。

切ったアボカドの保存方法

半分に切ったアボカドは、種がついている方を冷蔵庫で数日保存できます。

アボカドは空気に触れると変色するため、種がついていることで空気に触れる面積を減らせます。

断面にはレモン汁を数滴ふりかけ、ラップでぴったりと覆って冷蔵庫に入れましょう。

空気に触れないようにしっかり包むことで、2日程度は保存が可能です。

早めに食べると食べごろを逃しません。

アボカドの冷凍保存方法

食べごろのアボカドをフォークで潰し、変色を防ぐためにレモン汁を数滴混ぜてから保存すると、1ヶ月ほど冷凍保存が可能です。

フリーザーバッグなど、空気を抜きやすい容器に入れると良いでしょう。

自然解凍させたアボカドのペーストは、ディップなどにして美味しく食べられます。

スーパーでのアボカドの選び方についてのまとめ

アボカドを選ぶときは、

  • 緑色でヘタがしっかりついているものを選ぶ
  • 家で追熟させ、ベストなタイミングで食べる

これを意識して、美味しいアボカドを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました