アフィリエイト広告を利用した記事があります

サングラスの可視光線透過率に特化した選び方!基礎知識を解説!

サングラスの可視光線透過率に特化した選び方!基礎知識を解説! サングラス

サングラスを選ぶ際に知っておきたい基本情報や、運転時におすすめのサングラスの特徴、選び方について解説します。

サングラスの透過率の種類や、カラーレンズの色別の特徴も参考にしてください。

サングラスの透過率の種類

サングラスと夏のイメージ

サングラス選びに役立つ可視光線透過率や紫外線透過率について説明します。

1. 可視光線透過率とは

可視光線透過率は、太陽光などの光をどのくらい通すかを示す数値です。

濃く暗いレンズは可視光線透過率が低く、10~15%のレンズは日中の強い日差しから目を守りますが、室内や日差しが弱い環境では視界が暗くなります。

逆に、薄く明るいレンズは可視光線透過率が高く、45~50%のレンズは普段使いに適しています。

使用環境に応じてレンズの透過率を選びましょう。

不安な場合は店舗スタッフに相談するのがおすすめです。

2. 紫外線透過率とは

紫外線透過率は、レンズを通過する紫外線の量を示す数値です。

透過率が低いほど紫外線をカットする効果が高く、目への影響を低減できます。

紫外線透過率1%とUVカット率99%は、同じく紫外線を99%カットできることを示します。

紫外線透過率とレンズの色や濃度は必ずしも関係がないので、UVカット率の表記を確認しましょう。

紫外線が目に与える悪影響

紫外線は肌だけでなく目にも影響を与えます。

太陽光には様々な種類の光線が含まれ、その一つが紫外線です。

目に入った紫外線は主に角膜で吸収されますが、吸収しきれなかった紫外線は水晶体や網膜に達します。

長時間紫外線を浴びると、目も日焼け状態になり、充血や乾燥、異物感や痛みが生じやすくなります。

紫外線の蓄積は角膜炎や白内障の原因にもなるため、サングラスやUVカットレンズで目を保護しましょう。

紫外線透過率が高いサングラスのリスク

サングラスを選ぶ際は、デザインや色だけでなく紫外線透過率にも注意が必要です。

色が濃いサングラスでも紫外線透過率が高いと、かえって目に悪影響を与える場合があります。

瞳孔は暗いところで開く性質があり、サングラスをかけると視界が暗くなり、紫外線の影響を受けやすくなります。

そのため、サングラス購入時にはUVカット率も確認することが重要です。

サングラスの用途とレンズカラー

サングラスをかけたウサギ

サングラスの用途はレンズカラーによって異なります。

色による効果の違いや、シーン別のカラーレンズのメリットを解説します。

ブラウン系レンズの特徴

ブラウン系レンズは眩しさを抑え、視界のコントラストを高めます。

日常の眩しさ対策やドライブ、ゴルフなどに適しており、散乱光や反射光もカットします。

グレー系レンズの特徴

グレー系レンズは光を均一にカットし、眩しさを軽減しつつ自然な視界を保ちます。

ドライブやマリンスポーツにもおすすめです。

イエロー系レンズの特徴

イエロー系レンズはコントラストを高め、視界を明るく見せる効果があります。

夜間や夕方、曇りや雨の日の使用に適しています。

運転時におすすめのサングラスの特徴

運転時には、太陽光や眩しさを軽減し、反射光や路面の照り返しに対応するサングラスを選びましょう。

運転中にズレにくいフィット感や、視界の死角を作らないデザインも重要です。

用途別の可視光線透過率の目安

運転するサングラスをかけた女性

用途ごとに適した可視光線透過率を解説します。

車の運転

日中の運転には可視光線透過率20~30%のレンズが最適です。

夜間は80%前後のレンズを選び、対向車のライトや反射光を抑えましょう。

釣り

釣りには偏光レンズが適しており、可視光線透過率は30%程度が目安です。

水面のギラつきをカットし、明るい視界を確保します。

ゴルフ

ゴルフには可視光線透過率20~30%のレンズがおすすめです。

眩しさをカットしつつ、明るい視界を保ち、芝目や起伏を見やすくします。

日常利用

日常利用には30~80%の可視光線透過率が適しています。

日差しの強い日には10~30%、曇りの日兼用には30%前後が理想です。

夜間

夜間の使用には可視光線透過率85~100%が適しています。

暗い場所でも視界を明るく保ち、安全な視界を確保しましょう。

サングラスの可視光線透過率を意識した選び方のまとめ

サングラス選びには、レンズの種類や透過率、カラーなどの要素が関わります。

自分に合ったサングラスを選ぶためには、用途やシーンに応じて適切なレンズを選ぶことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました