アフィリエイト広告を利用した記事があります

サングラスのレンズの正しい選び方!スポーツサングラスとの違いは?

サングラスのレンズの正しい選び方!スポーツサングラスとの違いは? サングラス

サングラスのレンズには様々な種類やカラーがあり、それぞれ異なる特徴を持っています。

自分に最適なレンズを見つけるためには、これらの特徴を知ることが重要です。

この記事では、サングラスレンズの主な種類やカラーごとの特徴をわかりやすく解説します。

サングラスレンズの主な種類

おしゃれなサングラス

サングラスの基本的な役割は、日差しによる眩しさを防ぐことです。

しかし、レンズには様々な種類があり、それぞれ機能が異なります。

以下に、代表的なサングラスレンズの種類とその特徴を紹介します。

カラーレンズ

カラーレンズは、眩しさを緩和して視界を鮮明にする効果があります。

多くのカラーレンズにはUVカット機能が備わっており、紫外線対策にもなります。

カラーレンズは機能性だけでなく、見た目のオシャレさも魅力です。

レンズの色によって、スマートに見せたりスタイリッシュに見せたりと、イメージを変えることができます。

偏光レンズ

偏光レンズは、光の乱反射を抑えてギラツキを軽減するレンズです。

レンズに偏光膜を挟み込み、一定方向の光だけを通すことで快適な視界を実現します。

水面やガラスの反射を抑える効果があり、フィッシングやアウトドア、ドライブに最適です。

また、偏光レンズにも紫外線カット機能が備わっており、目の負担を軽減します。

調光レンズ

調光レンズは、太陽光に含まれる紫外線や可視光線に反応してカラーの濃淡が変化するレンズです。

日差しが強い屋外ではレンズが濃くなり、屋内では薄くなるため、場所に応じて最適な視界を提供します。

気温の影響も受けやすく、夏は薄く、冬は濃く発色する特性があります。

すべての調光レンズは紫外線カット機能を持っています。

ミラーレンズ

ミラーレンズは、鏡のように光を反射するレンズで、特に眩しさを効果的に軽減します。

見た目もクールで、反射によってスタイリッシュな印象を与えます。

ただし、レンズ裏面からの反射にも注意が必要です。

ミラーレンズも紫外線カット機能を備えているので、屋外で安心して使用できます。

カラーレンズごとの特徴

色付きレンズ眼鏡

サングラスのレンズカラーは豊富で、それぞれのカラーによって機能や印象が異なります。

以下に、代表的なレンズカラーの特徴を紹介します。

グレー系

グレー系のレンズは光を均一にカットし、まぶしさを抑えつつ自然な視界を提供します。

濃淡によってクールな印象や大人っぽさを演出できます。

ブラウン系

ブラウン系のレンズは、ブルー系の光を抑えて視界のコントラストを高める効果があります。

肌なじみが良く、初めてのサングラスとしても取り入れやすいカラーです。

ブルー系

ブルー系のレンズは、眩しさを強調するイエローやオレンジの光をカットします。

クールで涼しげな印象を与えるため、夏におすすめのカラーです。

イエロー・オレンジ系

イエローやオレンジ系のレンズは、コントラストを高める効果があり、特に曇りの日や夕方に適しています。

ハンターや射撃手に人気があります。

グリーン系

グリーン系のレンズは、ブルー系やレッド系の光を程よく抑えて自然な見え方を提供します。

幅広い用途に使える万能なカラーです。

サングラスのお手入れ・交換方法

お気に入りのサングラスを長く愛用するためには、適切なお手入れが必要です。

お手入れ方法

レンズの汚れは、まず水洗いして砂やほこりを落とし、その後にメガネ拭きで拭き取ります。

油汚れにはメガネクリーナーとメガネクロスを使用しましょう。

スポーツサングラスの選び方ガイド

ゴルフを楽しむ男性

スポーツサングラスを選ぶ際に重要な4つのポイントを紹介します。

どのポイントを重視するかはあなた次第ですが、最適なスポーツサングラスが見つかるはずです!

1. 適切なサイズ

顔にフィットし、長時間でも快適に使えるサイズを選びましょう。

スポーツサングラスには…

  • メンズ
  • レディース
  • ユニセックス
  • ビッグサイズ

など様々なサイズがあります。

購入後の大幅な調整は難しいため、事前に試着できると安心です。

もし通販で購入する場合は、交換が無料でできるショップを選ぶと良いでしょう。

また、商品レビューの性別や年齢を参考に、自分に合いそうなものを選ぶのもおすすめです。

2. 見やすいレンズ

スポーツサングラスの効果を最大限に引き出すためには、見やすいレンズやレンズカラーを選ぶことが大切です。

以下のレンズタイプとその特徴を参考にしてみてください。

  • 偏光レンズ: 一定方向の光のみを通し、水や雪、道路からの反射を防ぎます。
  • 調光レンズ: 紫外線量に応じてレンズの色が変わり、視界の明るさを保ちます。
  • ミラーレンズ: ミラー加工で眩しさを防ぎ、強い日差しや水、雪の反射を軽減します。
  • カラーレンズ: 色によって効果が異なり、利用シーンに合わせて選べます。

また、レンズの色や濃度も重要です。

例えば、スモーク系は自然な見え方で幅広いシーンに適していますが、レンズが濃いと晴天時には眩しさが軽減される反面、曇りの日には暗くなりすぎる可能性があります。

夜間には視界を明るくするイエローレンズがおすすめです。

また、ゴルフや釣りなどには景色をはっきり見せるブラウン・オレンジ・レッド系が適しています。

3. 可視光線透過率の確認

通販で実物を確認できない場合、レンズの濃さを知るために「可視光線透過率(VLT)」を参考にしましょう。

これはレンズがどれだけ光を通すかを示す数値で、透過率が低いほど光をカットし、高いほど光を通します。

販売されているサングラスには必ずこの数値が表記されています。

シーン別のおすすめ可視光線透過率は以下の通りです。

  • 強烈な日差し対策(高山登山など):10%以下
  • 通常のスポーツでの眩しさ対策:15%~25%
  • 曇天時の紫外線や風対策:30%~50%
  • 夜間や暗所での運転やジョギング:75%以上

4. レンズの交換と多機能タイプ

レンズのみ交換できるタイプや、各機能を持ち合わせたタイプもあります。

これにより、1つのサングラスでさまざまなシーンに対応できます。

サングラスのレンズの選び方についてのまとめ

サングラスレンズは種類やカラーによって特徴が異なります。

自分に最適なレンズを選ぶためには、それぞれの特性を理解することが大切です。

サングラス選びに迷った際は、ぜひ眼鏡店で相談してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました