カフェのバイトの選び方とは?おすすめの大手チェーンなど解説!

カフェのバイトの選び方とは?おすすめの大手チェーンなど解説! バイト

「カフェでアルバイトをしたいけれど、どこがいいかな?」

そんな疑問を持つ方のために、おすすめのカフェバイトや賢い探し方をご紹介します。

この記事を読めば、「求人情報で注目すべきポイント」や「人気カフェの特徴」などの疑問が解消されるでしょう。

あなたの希望に合ったカフェで働けるよう、役立つ情報をチェックしましょう!

おすすめのカフェバイトの選び方

カフェで働く従業員

カフェバイトを選ぶ際のポイントは、以下の6つです。

  1. 雰囲気
  2. 雇用条件
  3. 評判
  4. 勤務日時
  5. 通いやすさ
  6. 運営形態

これから、それぞれのポイントについて解説します。

雰囲気

自分の働きたいイメージに合うカフェを選ぶことが重要です。

賑やかなカフェや落ち着いたカフェなど、店によって雰囲気は様々です。

賑やかなカフェは手際よく働くことが求められ、セルフサービスタイプの店舗が多いです。

一方、落ち着いたカフェはフルサービスタイプで、おもてなしの質を重視しています。

雇用条件

満足度の高い働き方を実現するためには、雇用条件を確認することが重要です。

具体的には、交通費、まかないの有無、社割の有無、制服の有無などをチェックしましょう。

評判

実際に働いている人の評判を調べることで、働きやすさが見えてきます。

ただし、口コミは主観的な意見が多いため、参考程度に留めておくことをおすすめします。

勤務日時

自分の希望する曜日や時間帯に働けるカフェを選ぶことで、プライベートとバイトの両立がしやすくなります。

希望と合わないカフェバイトに応募すると、無理をして働く必要が出てくる可能性があるため注意が必要です。

通いやすさ

自宅や学校から通いやすいカフェを選ぶと、通勤時間が短くなり、疲れにくくなります。

逆に通勤に時間がかかると、体力が消耗しやすいため、通いやすさも考慮しましょう。

運営形態

チェーン店と個人経営の違いを理解することも重要です。

チェーン店はフォロー体制が整っており、福利厚生も充実していることが多いです。

個人経営のカフェは自由度が高く、意見が反映されやすい点が魅力です。

カフェバイトがおすすめな人

カフェで働く女性

カフェバイトに向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 要領が良い人
  • 対人能力を磨きたい人
  • 朝に働ける人
  • カフェが好きな人

これらの特徴を持つ人にとって、カフェバイトは非常に魅力的な選択肢です。

要領が良い人

カフェバイトは忙しい時間帯にてきぱきと働くことが求められます。

効率的に業務をこなせる人や、手順を素早く覚えられる人に向いています。

対人能力を磨きたい人

カフェバイトはお客様やスタッフとのコミュニケーションが多いため、対人能力を磨きたい人におすすめです。

朝に働ける人

早朝から働けるカフェバイトも多く、朝に働ける人にぴったりです。

早朝手当がつくバイトもあるため、効率よく稼ぐことができます。

カフェが好きな人

特定のカフェが好きな人や、将来カフェを経営したいと思っている人にもおすすめです。

お気に入りのカフェで働けば、毎回の勤務を楽しみながら稼ぐことができます。

おすすめのチェーン店カフェバイト

カフェの店内

カフェバイトを始めたい方に向けて、おすすめのチェーン店をご紹介します。

それぞれのカフェの魅力を詳しく見ていきましょう。

コメダ珈琲店

コメダ珈琲店は、1日3時間から勤務できる求人や未経験者歓迎の求人が多く、プライベートとバイトの両立を望む人や、初めてバイトをする人におすすめです。

長期休暇の取得や土日祝の時給アップなどの条件も魅力です。

仕事内容はホールとキッチンに分かれ、食事補助がある店舗や23時まで勤務できる店舗もあります。

タリーズコーヒー

コーヒーの知識や技術を学びたい方にはタリーズコーヒーがおすすめです。

バリスタコンテストが開催され、質の高いサービスを提供したい人に向いています。

また、高校生歓迎・未経験者歓迎の求人もあり、初めてのバイトにも適しています。

社割やダブルワークOKの求人もあります。

サンマルクカフェ

コーヒーだけでなく、パンやデザートの調理も経験したい方にはサンマルクカフェが適しています。

未経験者でも働きやすい求人があり、バイトから正社員を目指せる求人もあります。

週2日・1日3時間から働ける店舗が多く、土日祝に時給がアップすることもあります。

スターバックス

ブランド力のあるカフェで働きたい方にはスターバックスがおすすめです。

国内に1,800以上の店舗があり、社割が利用できる店舗が多いです。

多くのドリンクやフードを扱い、接客スキルを磨くことができます。

ドトールコーヒーショップ

マニュアルが充実しており、てきぱきと働きたい方にはドトールコーヒーショップがおすすめです。

価格設定が良心的で、忙しい時間帯には多くのお客様が訪れます。

1勤務につき1回分のドリンクが無料になり、制服が貸与される店舗が多いです。

国内に1,200店舗以上あり、通いやすい場所でバイトできる可能性があります。

カフェ・ベローチェ

充実した研修を受けてスムーズにバイトに慣れたい方にはカフェ・ベローチェが適しています。

10時間以上の研修があり、バイト経験が浅い人でも安心して働けます。

メニューが豊富で、多くのスキルを磨くことができ、所定の勤務時間を超えると時給がアップする店舗もあります。

プロント

カフェとバーの両方の仕事を覚えたい方にはプロントが最適です。

日中はカフェ、夜はバーとして営業しており、様々なドリンクに詳しくなれます。

社割や食事補助があり、時間帯によっては時給がアップすることもあります。

エクセルシオールカフェ

質の高いコーヒーや多様なメニューにこだわる方にはエクセルシオールカフェがおすすめです。

イタリアンタイプのカフェで、ラテアートや本格的なエスプレッソなどを提供しています。

制服が貸与され、社員割引や食事補助がある店舗が多いです。

CAFÉ de CRIÉ(カフェ・ド・クリエ)

おしゃれな制服で働きたい方にはCAFÉ de CRIÉがおすすめです。

小さなネクタイと長いエプロンが特徴です。

多様なドリンクやフードメニューがあり、社割や食事補助がある店舗もあります。

カフェバイトを選ぶ際のポイント

ここがポイントの文字

カフェでバイトをするなら、以下のポイントもチェックしましょう。

通いやすさ

勤務地は重要です。

駅近や自宅・学校の周辺など、通いやすい場所にあるカフェを選ぶことで、ストレスを減らし、長く続けやすくなります。

シフトの融通

学業との両立を考える学生には、シフトの融通が利くカフェを選ぶことが重要です。

大学生が多く働いているカフェは、柔軟に対応してくれることが多いです。

未経験でも可能か

カフェバイトは未経験でも始めやすく、バイトデビューに最適です。

丁寧なマニュアルや研修が整っている店を選びましょう。

「未経験者歓迎」の求人をチェックしてください。

実際にお店に行ってみる

応募する前に一度店に行き、雰囲気やスタッフの様子、メニューを確認しましょう。

これにより、自分に合ったカフェかどうかを見極めやすくなります。

馴染みのあるカフェやメニューを知っているチェーン店から始めるのもおすすめです。

カフェのバイトの選び方についてのまとめ

カフェバイトを選ぶ際には、雰囲気や雇用条件、評判、勤務日時、通いやすさ、運営形態を考慮しましょう。

これらのポイントを押さえることで、自分に合ったカフェバイトを見つけることができます。

カフェバイトを通じて楽しく働きながら、貴重な経験を積んでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました