エアコンの化粧カバーのサイズは気にしてる?選び方のコツなど解説!

エアコンの化粧カバーのサイズは気にしてる?選び方のコツなど解説! 季節家電

「配管化粧カバー」とは、冷媒やドレン配管を守るために取り付ける樹脂製のカバーです。

配管がむき出しのままでは保温材が劣化し、エアコンの性能にも影響を及ぼす可能性があるため、保護が必要です。

配管を保護するための方法には主に2つあり、「配管化粧テープ」または「配管化粧カバー」で配管を保護することが一般的です。

テープとカバーの違い

化粧カバーのついたエアコン

「配管化粧テープ」と「配管化粧カバー」のメリットとデメリットを比較してみましょう。

一般的には以下のように言われています。

コスト外観
配管化粧テープ(非粘着テープ)
配管化粧カバー(樹脂)

「配管化粧テープ」はテープを巻き付けるだけなのでコストが低く抑えられるのが利点です。

ただし、経年劣化しやすく、外観はあまり良くありません。

一方、樹脂製の「配管化粧カバー」は費用がかかりますが、見た目が美しく仕上がります。

そのため、コストを重視する場合は「配管化粧テープ」、外観を重視する場合は「配管化粧カバー」をおすすめします。

エアコン設置の相談を受けた際には、コストと外観の両方の観点から最適な方法を提案しましょう。

カバー選びのポイント

「配管化粧カバー」を選ぶ際には、メーカーや製品をどのような観点で選ぶべきでしょうか。

各メーカーからさまざまなラインナップが販売されており、壁の色や室内外の条件に合わせて選ぶことができます。

さらに、施工のしやすさや色のバリエーション、耐候性などが設計に反映されています。

特に選択のポイントとなるのが「耐候性」です。

耐候性が重要な理由

耐候性とは、屋外での耐久性のことです。

屋外では紫外線や風雨、温度変化などにさらされるため、変色や変形、劣化が起こりやすく、耐候性は数年後の外観に大きな影響を与えます。

エアコンを使用するお客様はエアコン自体の性能を気にしますが、配管化粧カバーについてはあまり意識しないかもしれません。

しかし、設置から数年後に「配管化粧カバーの色が落ちて見栄えが悪くなっている」となると、お客様にとっては残念なことです。

住宅の美観を大切にするお客様なら、「配管化粧カバーを交換してほしい」と言われることもあるかもしれません。

特に屋外の配管化粧カバーは紫外線や風雨にさらされるため、色落ちが顕著です。

少しでも色落ちを抑えたい場合は、「配管化粧カバー」の耐候性を確認しましょう。

配管カバー「スリムダクトシリーズ」とは

化粧カバーの設置

ルームエアコン(Room Air Conditioner、RAC)用に、因幡電工が提供する配管カバー「スリムダクトシリーズ」には3つの異なる種類があることをご存知ですか?

設置場所や使用目的に応じて異なる機能と特長を持つこれらのカバーについて詳しく解説します。

スリムダクトシリーズの「SD」「LD」「MD」の違いと特長

スリムダクトシリーズは「一般用」と「ビル設備用」に大別されます。

一般用には室外用の「スリムダクトSD」と「スリムダクトLD」、室内用の「スリムダクトMD」があり、それぞれの特長を以下に紹介します。

1-1. 配管カバー「スリムダクトSD」

「スリムダクトSD」は国土交通省の公共建築工事標準仕様書に準拠した保温化粧ケースです。

取り付けが簡単で、壁面に底部を固定し、配管・配線をセットした後に上部のフタをはめ込むだけです。

サイズは「SD-66(家庭用)」「SD-77(家庭用)」「SD-100(家庭・業務用)」「SD-140(業務用)」の4種類があります。

特に大口径の被覆銅管や高断熱配管には「SD-100」や「SD-140」が適しています。

カラーバリエーションは「ホワイト」「アイボリー」「グレー」「ブラウン」「ブラック」の5色から選べます。

壁面に段差がある場合は「SD浮かしシステム工法」や太陽光配線を整理できる専用パーツもあります。

多様な施工方法と用途に対応できる「スリムダクトSD」は、非常に汎用性の高い配管カバーです。

1-2. 配管カバー「スリムダクトLD」

「スリムダクトLD」は家庭用ルームエアコン(RAC)の配管に特化したカバーで、コストパフォーマンスに優れています。

サイズは「LD-70」と「LD-90」の2種類で、スタンダードエアコンから換気ホース付きエアコンまで対応可能です。

カラーバリエーションは「スリムダクトSD」と同様の5色があります。

用途に応じて「スリムダクトLD」または「スリムダクトSD」を選択することができます。

1-3. 配管カバー「スリムダクトMD」

「スリムダクトMD」は、室内用に設計された配管カバーで、急な曲がりや太い保温材付きの断熱ドレンホースの勾配など、室内配管特有の課題に対応しています。

取り付けビスが目立たない設計で、インテリアとしても馴染む乳白色のネオホワイトを採用しています。

配管カバーを設置する理由

エアコンの配管を保護する方法には、「テープ巻き施工」と「配管カバー施工」の2つがあります。

テープ巻き施工はコストが抑えられる反面、紫外線による経年劣化でテープや保温材が損傷しやすく、美観やエアコンの効率に悪影響を及ぼします。

一方、配管カバー施工は耐候性に優れた樹脂製素材を使用し、雨や紫外線から配管を長期間保護します。

壁色に合ったカラーを選ぶことで外観も美しく保つことができます。

コストはテープ巻き施工よりも高くなりますが、用途に応じて最適な製品を選ぶことが重要です。

エアコンの化粧カバーのサイズの選び方についてのまとめ

屋外の配管カバーは紫外線や風雨の影響を受けやすく、色あせが目立つことが多いです。

色あせを少しでも防ぎたい場合は、配管カバーの耐候性をしっかり確認することが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました