エアコンのサイズの選び方は?畳数や部屋の広さに合わせて選ぼう!

エアコンのサイズの選び方は?畳数や部屋の広さに合わせて選ぼう! 季節家電

エアコンの購入や交換を考える際、「10畳用と書かれているエアコンを選べば問題ない」と思っていませんか?

実は部屋の状況によっては、「部屋の広さ=エアコンの適用畳数」とならないことがあり、大きめのエアコンを選ぶことで快適さや省エネが向上する場合もあります。

この文章では、大きめのエアコンを選ぶべき条件や適用畳数表示の理由について詳しくご紹介します。

エアコンの適切なサイズ

白いエアコン

部屋の条件に応じて、エアコンの適切なサイズは変わります

エアコンの適切なサイズは、建物が鉄筋造か木造か、部屋の日当たりがどうかといった条件により異なります。

購入時には、部屋に適したサイズのエアコンを選ぶことが重要です。

適切でないエアコンを選ぶと、快適さや省エネ性が損なわれることがあります。

小さなサイズのエアコンを選ぶと、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 快適な温度に達しにくい
  • 予想以上の電気代がかかる

最適なサイズを選ぶことが重要です。

大きめのエアコンを選ぶことで得られるメリット

部屋の広さに対して余裕のあるエアコンを選ぶと、快適さや省エネにつながります。

大きめの「ゆとりサイズ」のエアコンを選ぶと以下の利点があります。

  1. 猛暑や真冬の朝でも迅速に快適な温度に
  2. 余裕のあるパワーで静かに運転
  3. ゆとり運転ができて電気代を賢く節約

ただし、後述しますが、ゆとりのあるサイズが適切かどうかはケースバイケースです。

適切な畳数とは

適切な畳数は部屋の状況によっても変わります

エアコンの適用畳数表示はあくまで目安です。

部屋の構造や使い方によってエアコンの効きが変わるため、特に以下のような場合は大きめのエアコンを選ぶことをおすすめします。

  • キッチンと続きのリビング
  • 二間続きの部屋
  • 高層階(屋根に近い、マンションの最上階など)
  • 吹き抜けがある、天井が高い部屋
  • よく使う時間帯に日当たりが良い部屋(南向きのリビングなど)
  • 大きなガラス戸がある部屋

また、リビングなど多くの人が集まる部屋でも大きめのエアコンが適しています。

カタログで「8〜12畳」と表記されている理由

木造住宅は鉄筋住宅に比べて気密性が低いため、同じ広さの部屋でも木造住宅の方が大きなエアコンが必要になります。

エアコンはメーカーによって異なりますが、一般的に6畳、8畳、10畳、12畳、14畳、18畳、20畳、23畳、26畳の9タイプに分かれています。

そして、多くの場合、14畳用を境に100Vと200Vの電圧に分かれます。

注目すべきは「最大能力値」

エアコンは適用畳数だけで選んではいけません。

定格能力と最大能力値に注目することで、最適なエアコンを選ぶことができます。

たとえば、10畳用のエアコンと14畳用のエアコン(100V)の暖房能力は同じです。

冷房には最大能力値に上限あり

冷房の場合、最大能力値がリミッターによって制限されているため、暖房の最大能力値のように単純に反映されるわけではありません。

エアコンを選ぶ際は、6畳、10畳、14畳(200V)の3タイプを基準に選ぶと良いでしょう

これまで説明した通り、冷房能力に最大値を求めない場合、エアコンは6畳、10畳、14畳(200V)の中で選べば最適です。

無駄に大きなエアコンを高額で購入する必要はありません。

多くのメーカーは、売れ残ると26畳用のエアコンを値下げして14畳用(200V)に近い価格で販売します。

それだけ26畳用のエアコンは利益率が高いのです。

カタログをじっくり読み解くことで、自分に最適なエアコンを選ぶことができます。

エアコンの適用畳数表示は現代の住宅には適していない

眺めの良い部屋とエアコン

多くの人が6畳用や8畳用などの「畳数」を基準にエアコンを選んでいるでしょう。

しかし、この畳数表示がどのように決まっているのかご存知ですか?

実は、この畳数表示は1964年に「木造無断熱平屋住宅」を基準にして設定されたもので、その後50年以上も変更されていません。

しかし現在では、当時とは比べ物にならないほど高気密・高断熱の住宅が増えています。

そのため、単に適用畳数だけに基づいてエアコンを選ぶと、過剰なスペックになってしまうことが多いのです。

家電量販店のスタッフから「適用畳数か、それより少し大きめのエアコンを選ぶのが良い」とアドバイスされることがあるかもしれませんが、これはメーカーの戦略に乗せられている可能性があります。

量販店も売上を重視するため、小さめのエアコンを勧めることはほとんどありません。

畳数を基準にしすぎると、このように不利益を被ることがあるので注意が必要です。

冷房に関しては、適用畳数通りが必要なことも…

暖房の場合、適用畳数通りのエアコンを選ぶと過剰スペックになることが多いですが、冷房に関しては適用畳数通りのエアコンが必要な場合もあります。

  • 日射遮熱
  • 天井断熱
  • 外壁の色

など、断熱性能が不十分な住宅では太陽熱を直接受けるため、室内が熱くなりやすいです。

そのため、夏場に「暑い」「冷房の効きが悪い」と感じる家では、適用畳数通りのエアコンを選んでも問題ないかもしれません。

大きめのエアコンは燃費が悪くなる

家電量販店の担当者から「大きめのエアコンがおすすめ」とアドバイスされたことはありませんか?

上記で大きめのをとご紹介しましたが、エアコンの効率を考えると、大きめのエアコンは決しておすすめできません。

実際、部屋に対して大きすぎるエアコンを使うことは、渋滞に巻き込まれた車のように、エンジンがかかっているのにほとんど進まない状態に似ています。

エアコンに置き換えると、温度が変わらないのにエアコンだけが稼働している状態です。

これが最も燃費が悪いのです。

部屋に対して大きすぎるエアコンを選ぶと、

  • 初期費用が高くなる
  • 燃費が悪くなり、ランニングコストが増える

という悪循環が生じます。

エアコンを選ぶ際は、適正な容量のものを選ぶことが非常に重要です。

エアコンのサイズの選び方についてのまとめ

エアコン選びは、単に部屋の畳数だけを基準にするのではなく、住宅の状況に合わせて適正なものを選ぶことが大切です。

カタログの数字に惑わされると、燃費が悪くなりランニングコストが高くなるため、エアコン選びの正しい知識を身につけることが重要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました