エアコンのクリーニング業者の選び方は?悪質な業者に騙されない!

エアコンのクリーニング業者の選び方は?悪質な業者に騙されない! 季節家電

エアコンクリーニングを専門業者に依頼したいと考えたものの、数多くの業者からどれを選べば良いか迷ったことはありませんか?

そこで、エアコンクリーニングの専門家に、業者選びのポイントを伺いました。

エアコンクリーニング業者選びのポイント

エアコンをチェックする女性

賠償責任保険に加入しているか

エアコンクリーニングには故障や破損のリスクが伴います。

賠償責任保険に加入している業者であれば、万が一のトラブルにも対応できるので安心です。

作業後も連絡がつく窓口があるか

クリーニング後に問題が発生することもあります。

作業後も連絡が取れる窓口がある業者を選ぶと安心です。

適正価格で、見積もりが明確か

エアコンクリーニングの価格には一定の相場があります。

問い合わせ時に明確な見積もりを提示し、追加料金が発生しない業者を選びましょう。

エアコンクリーニング業者選びの詳細ポイント

  1. 賠償責任保険の加入有無

エアコンクリーニングにはリスクが伴うため、賠償責任保険に加入している業者を選びましょう。保険がないと、万が一のトラブル時に高額な修理費用を請求される可能性があります。

  1. 作業後の連絡対応

クリーニング直後だけでなく、後日問題が発生することもあります。作業後も確実に連絡が取れる業者を選びましょう。

  1. 適正価格と明確な見積もり

エアコンクリーニングには地域ごとの相場があります。以下の相場を参考にし、明確な見積もりを提示してくれる業者を選びましょう。

エアコンのタイプクリーニング価格の相場
スタンダードタイプ1万円~1万3000円程度
お掃除機能付きタイプ1万5000円~2万円程度

追加料金が発生しないか、見積もり時に確認しましょう。

エアコンクリーニング業者を選ぶ際の追加チェックポイント

  1. トータル費用

エアコンクリーニングを依頼する際、基本料金だけでなく追加費用も確認しましょう。追加料金の例として、オプション料金や駐車料金があります。

  1. スタッフの質

技術力と接客対応の良い業者を選びましょう。実績や研修制度の有無を確認すると良いです。

  1. 予約の取りやすさ

繁忙期や人気業者では予約が取りにくい場合があります。対応時間や店舗数もチェックしましょう。

おすすめのエアコンクリーニング業者4選

エアコンにフィルターを取り付ける男性

エアコンクリーニングの専門家の選定基準を基に、おすすめの業者を4つ紹介します。

1.エアコンクリーニングプロ

  • 業界最安クラスのコスパ
  • オリジナル洗剤使用
  • 50日間の研修を積んだスタッフ
  • 最大2億円までの物損保証

2.ダイケイスクエア

  • 関東、愛知、関西エリアをカバー
  • オフィスやビルのクリーニングも対応
  • リーズナブルな価格設定

3.おそうじ本舗

  • 全国1554店舗
  • 最新技術「ファインバブル洗浄」導入
  • LINEで見積もり対応可能

4.カジタク

  • イオングループの家事代行サービス
  • ネット予約で料金確定
  • 防カビコートオプション無料

これらの業者は、賠償責任保険への加入や明確な見積もりなどの選定基準を満たしています。

ご自身のニーズに合った業者を選び、安心してエアコンクリーニングを依頼しましょう。

稼働前に汚れを確認

エアコン点検をする作業員

夏と冬に大活躍するエアコンですが、年に一度のクリーニングが推奨されます。

お掃除機能付きエアコンでも、フィルターのみが自動で掃除されることが多く、内部には汚れが溜まっています。

エアコンの吹き出し口をチェック

まず、自宅のエアコンの吹き出し口を確認しましょう。

黒い斑点が見える場合、それはカビが既に内部に蓄積し繁殖している証拠です。

エアコン内部の確認

次に、エアコン内部を覗いて、シロッコファンと呼ばれる部分をチェックしてください。

白い汚れは、ホコリとカビが固まったものです。

吹き出し口やシロッコファンのどちらかに汚れが見られる場合、クリーニングが必要です。

汚れたエアコンは害虫の温床となるため、早めに業者に依頼しましょう。

早めの予約が肝心

4月から6月にかけて注文が殺到し、予約が取りにくくなることがあります。

期間限定のキャンペーンを実施している会社も多いため、早めの注文がお得です。

エアコンの内部は精密機械であり、個人で掃除すると故障の原因になることがあります。

必ずプロの業者に依頼しましょう。

節電効果も期待大

エアコンクリーニングやフィルターの掃除によって、冷房時約4%、暖房時約6%の消費電力削減が見込まれます。

昨夏の電気代に驚いた方も多いと思いますが、クリーニングで節電効果が期待できるので、ぜひ検討してみてください。

エアコンのクリーニング業者の選び方についてのまとめ

エアコンは使用頻度によって定期的な分解掃除が必要です。

通常の使用であれば3年に一度、24時間連続稼働するような使い方であれば年に一度のクリーニングが必要です。

エアコンクリーニング業者を選ぶ際には、価格が相場の範囲内であることや、賠償責任保険に加入していることを確認しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました