アフィリエイト広告を利用した記事があります

ご祝儀袋の水引の選び方とは?水引の色・ルール・種類など解説!

ご祝儀袋の水引の選び方とは?水引の色・ルール・種類など解説! マナー

「内祝」や「御祝」などの表書きには絶対的なルールはなく、「いつもありがとう」や「お母さんありがとう」といった表書きでも問題ありません。

しかし、水引については厳格なルールがあります。

今回はその水引の絶対的なルールについて説明します。

水引の絶対的ルール

梅結びの水引

水引では、やるべきルールややってはいけないルールがあるので、見ていきましょう。

水引の色について

鎌倉から室町時代までは、白一色の水引が使われていました。

時が経つにつれて、染めた水引が使われるようになり、紅白、金銀、黒白、黄白、青白などの色分けが生まれました。

現在では、一般の贈答や慶事には紅白の水引が使われ、特におめでたい結婚や高価な贈り物には金銀の水引が使われます。

弔事には黒白や黄白の水引が使用されます。

水引の本数について

水引の本数は3本、5本、7本と奇数のこよりを束にして使用します。

基本は5本で、3本は5本を簡素化したもの、7本は5本を丁寧にしたものです。

一般的には、出産内祝などの慶事には7本、快気祝いや香典返しなどの弔事には5本の水引が使われます。

特におめでたい結婚には、5本の水引を2束にした10本の水引が用いられます。

水引の結び方について

現在の水引の結び方には、主に「結び切り」と「花結び(蝶結び)」の2種類があります。

結婚や弔事などの「一度限り」という意味を持つ場合には「結び切り」が使われます。

慶事では、再度結ぶことができる「花結び」が使われ、「何度でも繰り返してよい」という意味が込められています。

    結び切りについて

    「結び切り」は固く結ばれ、解くのが難しい結び方で、「今回限り」という意味を含んでいます。

    結婚式や弔事に使われます。

    関西では「淡路結び」とも呼ばれ、結婚式などに用いられます。

    ご祝儀袋の選び方

    1. 10万円以上を包む場合
      鶴亀を図案化した格の高い水引が使われます。シルク素材の「赤松シリーズ」がおすすめです。
    2. 5〜10万円程度を包む場合
      上品なポリエステル素材の「青竹シリーズ」がおすすめです。
    3. 親しい友人に2〜3万円程度を包む場合
      カジュアルなご祝儀袋が喜ばれます。コットン素材の「白梅シリーズ」がおすすめです。
    4. 親戚や会社の人に3万円程度を包む場合
      定番のデザインのご祝儀袋を選びます。「青竹シリーズ」がおすすめです。
    5. 結婚式に出席せず1万円程度を贈る場合
      印刷された略式のご祝儀袋が好ましいです。

    水引の結び方のおさらい

    紅白のご祝儀袋

    のし袋の中央に飾られている水引は、結び方によってそれぞれ異なる意味を持ちます。

    蝶結び(花結び)

    何度でも結び直せる「蝶結び(花結び)」は、出産や入学、昇進など、繰り返しあっても良いお祝い事に適しています。

    また、挨拶やお礼にも使われます。

    ただし、蝶結びは結婚祝いには不向きです。

    結婚式は一度きりが望ましいため、蝶結びのように簡単にほどける結び方は避けるべきです。

    結び切り

    「結び切り」は、一度結ぶと解けない形になっており、二度と繰り返さないという意味が込められています。

    結婚祝いや快気祝い、弔事全般に適しています。

    結び切りは、両端を持って水引を引くとさらに固く結ばれるため、「ふたりが末永く結ばれる」という意味も含まれています。

    あわじ結び(あわび結び)

    あわじ結び(あわび結び)は、結び切りの一種で、両端を引っ張るとさらに固く結ばれるのが特徴です。

    結び切りを応用した飾り結びで、「玉結び」や「連続あわじ結び」などのバリエーションがあります。

    あわじ結びは、「末永く付き合う」という意味を持ち、謝礼や餞別、弔事にも適しています。

    慶事の場合は、のし付きのものを選びましょう。

    水引がないのし袋「赤棒」

    のし袋には、水引が省略された「赤棒」と呼ばれるものがあります。

    これは、ちょっとしたお礼や記念品、粗品、寸志などに使われます。

    ただし、カジュアルな印象を与えるため、上司や年配の方には水引付きののし袋を使う方が良いでしょう。

    出産祝いには「寿」の封筒はNG

    「寿」と書かれた封筒は結婚式専用であり、出産祝いには適していません。

    出産祝いには他の適切な表書きを使用しましょう。

    のし袋の水引の色と本数

    水引の色の意味

    水引の色には赤、白、金、銀、黒、青、黄があり、その組み合わせにより異なる意味が込められます。

    慶事には紅白や金銀、赤金などが使われ、弔事には白黒や黄白、青白などが用いられます。

    宗教や地域によって異なるため、事前に確認が必要です。

    水引の本数の意味

    水引の本数は「3本、5本、7本、10本」の4種類が基本です。

    最も一般的なのは5本結びで、3本結びは粗品などに使われます。

    7本結びは格式を重んじる場合に、婚礼では5本の2束で10本結びが用いられます。

    9本は「苦」に通じるため使われません。

    ご祝儀袋の水引の選び方についてのまとめ

    ご祝儀袋にはその時の思い出や贈り主の温かい想いが込められています。

    地域ごとのルールにも注意し、適切な水引と結び方を選びましょう。

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました