【保存版】仕事用のスーツの選び方のコツ!ビジネススーツなら?

【保存版】仕事用のスーツの選び方のコツ!ビジネススーツなら? ファッション

ビジネススーツは社会人にとって欠かせないアイテムで、その着こなし次第で相手に与える印象が大きく変わります。

この記事では、メンズビジネススーツのマナーや選び方、コーディネート例を紹介します。

これを読めば、自分に合ったビジネススーツの選び方がわかります!

メンズビジネススーツの基本知識

オーダースーツを着た社会人

メンズ用ビジネススーツでは、まず基本を押さえていきましょう。

スーツの色:ネイビーとグレーが定番

ビジネススーツの基本色はネイビーとグレーです。

色選びに迷った場合は、この2色から選ぶと良いでしょう。

日本では黒のスーツをビジネスシーンで着用することもありますが、欧米ではデザイナーズスーツに限られることが多いです。

黒のスーツは基本的に冠婚葬祭用なので、特に外資系企業ではネイビーやグレーを選ぶのが無難です。

ビジネススーツとリクルートスーツの違い

リクルートスーツとビジネススーツの違いは、主に色と生地にあります。

リクルートスーツは黒が主流で、多くの場合ポリエステルが使用されています。

一方、ビジネススーツはネイビーやグレーが一般的で、ウールが主に使用されるため、高級感があります。

新入社員はリクルートスーツでも問題ありませんが、研修終了後にはビジネススーツに切り替えることをお勧めします。

ビジネススーツのマナー

ボタンの留め方

ビジネススーツでは、ジャケットの一番下のボタンは留めずに開けておくのがマナーです。

これを「アンボタンマナー」と呼びます。

全てのボタンを留めるとスーツのシルエットが崩れ、窮屈に見えるため注意しましょう。

ポケットのフラップ

ジャケットのポケットには「フラップ」というふたが付いています。

屋外ではフラップを外に出し、屋内では中に入れるのが基本のマナーです。

フラップは雨やほこりを防ぐためのもので、シーンによって使い分けることが大切です。

シャツの袖

ジャケットの下に着るシャツは必ず長袖を選びましょう。

半袖シャツはジャケットの袖から見えず、だらしない印象を与えるため避けるべきです。

また、長袖シャツの袖がジャケットから1〜1.5cmほど見える形が美しいとされています。

ベルトとシューズの色

スーツスタイルでは、ベルトとシューズの色を合わせるのが基本です。

黒または茶色で統一することで、全体のコーディネートがまとまります。

これを守ることで、おしゃれな印象を与えることができます。

ビジネススーツを選ぶ時のポイント

サイズ感

スーツ選びではサイズ感が重要です。

肩幅と着丈が特に重要で、肩の部分に少し余裕があり、ヒップが9割隠れる程度の着丈が適切です。

ジャストサイズを求めるなら、オーダースーツを検討するのも良いでしょう。

ビジネススーツの色はネイビーやグレーが定番です。

同じネイビーでもトーンの違いで印象が変わるため、相手に与えたい印象を考慮して選びましょう。

ビジネススーツの柄は無地かストライプが基本です。

チェック柄はカジュアルな印象が強いため、初心者にはストライプが無難です。

ストライプの種類によっても印象が異なるので、シーンに合わせて使い分けましょう。

ビジネススーツには「シングルスーツ」と「ダブルスーツ」があります。

シングルスーツはフロントボタンが1列、ダブルスーツは2列になっています。

どちらを選ぶか迷ったときは、シングルスーツが無難です。

ビジネススーツのおしゃれコーデ5選

ビジネススーツ

ビジネススーツの着こなしには多くのルールがありますが、実際のコーディネート例を参考にして学んでいきましょう。

ここでは、ビジネススーツのコーディネート例を5つ紹介します。

1. 定番の「グレースーツ」でフレッシュな印象

チャコールグレーのスーツを使ったスタンダードなコーディネートです。

ピンヘッドの織り柄が大人の落ち着きを感じさせます。

ストライプのクレリックシャツと明るいソリッドタイを組み合わせ、Vゾーンに華やかさをプラスしています。

2. 「ダークネイビースーツ」はビジネスの幅広いシーンで活躍

光沢のあるダークネイビースーツを使った王道のコーディネートです。

清潔感のあるライトブルーシャツには、シャープな印象を与えるホリゾンタルカラーを選んでいます。

華やかな柄のネクタイを取り入れることで、飽きのこない着こなしになっています。

3. 「ネイビースーツ」にストライプシャツで信頼感と力強さをプラス

ダークネイビースーツにブルーのロンドンストライプシャツを合わせた力強いスタイルです。

ブラウンのシルクタイがさりげなくブルーを引き立て、風格を感じさせます。

4. 「グレンチェック柄」でこだわりの着こなしを演出

グレンチェック柄のグレースーツを使った上級者向けのコーディネートです。

チェック柄のスーツには白無地のシャツを合わせてバランスを取ります。

オレンジとサックスブルーのネクタイを合わせて親しみやすさも演出しています。

5. 深みのある「グレースーツ」でできる大人を演出

深い色味のグレースーツを使って、できる大人の雰囲気を演出する着こなしです。

重厚感のあるグレースーツにライトブルーシャツを合わせ、シャープな印象を加えます。

Vゾーンのアクセントとなる小紋柄のカーキネクタイが控えめながらも洗練された印象を与えます。

仕事用のスーツの選び方についてのまとめ

ビジネススーツは社会人にとって重要なアイテムで、その着こなしが相手に与える印象に大きく影響します。

マナーを守り、自分に合ったスーツを選ぶことで、スマートにビジネスシーンを乗り切りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました